「dialy」 一覧

dialy

やさしいひとへ

2018/9/9  

毎日のように泣いていたあのころ、それでも強いフリを保てたのは、無責任にただ信じてくれた人がいたからだった。 *** 数日前、私が大学生のときに所属していた新聞部の顧問の先生から連絡があった。 かれこれ ...

dialy trip

宗教とインドネシア。そして私。

2018/8/20  

インドネシアに来たばかりのころに出会い、何度かのデートを重ねたムスリムの男性に「君の宗教はなに?」と聞かれて、「わたし、宗教はないの。」と答えたら「嘘だろ??」と困ったような顔をされた。 「神教か仏教 ...

column dialy trip

インドネシア、ここは血の国惑わせないで

2018/8/3    

noteからの転載記事です▼ 一筋縄ではいかない国だとは思っていた。 それぞれの民族が交わる中で、そこにある種のけん制や踏み入れられない領域があることは、外国人の私から見ても明らかだった。 *** そ ...

dialy

7月9 日 年齢が記号に変わるとき

2018/7/16  

最近、歳をたずねられて即時に答えられなくなることが多くなった。 言いたくないわけではない。ただ、本当に忘れてしまうことがあるのだ。 26歳だったかしら、あれ今年で27になったんだったかしら、と。 それ ...

dialy 未分類

3月24日 日常と非日常の間

2018/7/16  

目覚ましなしで、ぱちりと目が覚めた。 時計を見ると朝6時7分。顔が何となくかゆくて、ベタベタしていて、やってしまったなと思う。 たぶん、また化粧を落とさずに寝たのだ。 そろそろ本能のままに寝たり食べた ...

dialy

アフター浜松町

2018/1/3  

ここには来たことがある気がする、と思うことが26年も生きていると増えてきた。 1年ぶりに日本に帰ってきて、いろいろな場所をめぐりながら見ているものは、今ここの景色より過去のあの日。 淡くあたたかい想い ...

dialy

夜明け前と、おいてきたいつか

2017/10/10  

ときたま、その時間を過ごすためにだけ起きることがあるほど、夜明け前の数時間が好きだ。 0時をまわってもバイクのエンジン音や、人々の戯れる声がやまないインドネシアでも、夜明け前の3時から4時頃は人の気配 ...

dialy

思い出した記憶と、受けわたすいつか

2017/7/2  

昨日は会社全体の研修だった。私はインドネシアから、Skypeで参加した。 画面越しには、懐かしい顔がたくさんあって。 半年ほど日本に帰ってないから、知らない人の顔もたくさんあって。 私の知らないところ ...

column dialy

自分の機嫌をとること

2017/7/2    

人は誰でも、大した理由がないのに暗い気持ちになる夜があったり、病気でもないのに起き上がりたくない朝があると思う。 そんなときに、「はいはい、今日はそういう日なのね」と自分をなだめて、少しでも自分の機嫌 ...

dialy

拡張される世界

2017/6/29  

朝5時に起きて、コーヒー入れて、ぼーっとする。身支度を整えて近くの海に日の出を見に行く。 Skypeで遠いマナドの人の面接をして、日本の取引先からのメールを返して、日本本社とLINEで会議して。 この ...

Copyright© セカイはときどき、美しい。 , 2018 All Rights Reserved.