秋は突然やってくる

aozora

2週間ぶりの日本は、思ったより涼しくなっていて、空を見上げると出国したときの入道雲からちぎれ雲に変わっていた。

バンドゥンと日本は、風景や言葉よりも、空の色が何より違うんじゃないかと思うくらい、久しぶりに見た空は高くて青かった。バンドゥンは大抵いつも曇っていて、太陽の姿を見ることがほとんどなかった気がする。

いつだってそうだけれど、距離を隔てた国から時間をかけて移動して、また新しい国へ降り立つと、不思議な高揚感とともに決意のようなものが生まれる。

空港のエスカレーターから、今まさに旅立とうとしている人たちがキャリーケースを転がしてゲートへ向かうのを見て、「私もがんばろう」と思った。何をがんばるのかはよくわからないけれど、とにかくやらなくてはいけないことが、山ほどある気がした。

この2週間ゆっくり過ごす時間がほとんどなかった。せめて今日だけは、だらだら部屋の中で過ごして、息を吸って吐くだけの、何も生み出さない生き物になろうと思ったけれど、ブログは書きたいし、溜まったメールも仕事も片付けたいし、じっとしてられない。

こうやって心の空気の入れ替えができるから、ずっと同じところにいるよりも、出たり入ったりするのが、私にはやっぱり向いているんだろう。

The following two tabs change content below.
梅野 なぎさ

梅野 なぎさ

’91生まれ。2017年よりインドネシアで働いています。 【Mail】bonin.makani@gmail.com