バンドンの曇り空に思うこと

314401_147064802055111_1310709098_n

曇った空のなか、涼しくて埃っぽい風をあびて、あぁバンドンだ、と思った。


IMG_3640.JPG

タクシーに乗ると人のよさそうな初老のおじさんはバラードのような曲調の歌を歌っていて、私を見て「ダリ ジュパン?」と笑った。今までバンドンでは何度もこの質問をされたけれど、そのたびによく私が日本人だとわかるな、と思う。中国人にも、韓国人にも見えそうなのに。日本の中国人観光客と観光客の違いが何となくわかるように、彼らにも日本人っぽい何かがきっと、わかるんだろう。それが良いイメージだと良いな、と、少しだけ願った。

IMG_3350.JPG
きっとこれから数年、ここで生活をすることになる。でも、友達の住む町に何度目かに来たときのような、
落ち着いた気持ちだった。

街は、道を埋め尽くすほどの車であふれていた。日本では見ることのない、たくさんの子どもたちを見て、この国の可能性を想う。

私は外国人で、けれどインドネシアの人たちに教育を行う。この国の人たちが時間をかけて築きあげてきた場所に住まわせてもらって、サービスを売る。

何だか、不思議な気持ちがした。

せめてこの国の人たちにとって良いことがしたい、と思った。

バンドンは3回目だけれど、そんなことを思ったのは初めてのことで、とても驚いた。「世界のために」とか「人のために」なんて声高に言う人をみると、なんておこがましくて、むずがゆいのかしら、と思っていたから。

タクシーが目的地に着くと、タクシーのおじさんは「最初は10000ルピアって言ったけど、やっぱり80000ルピアで良いよ」と言った。ふつうの代金の3倍くらいだから、それでも絶対高い、と思ったけれど「テリマカシ」って答えた。

いつか、この国の人や、街と、もっと溶け込んで、タクシーのおじさんとも「今日は暑いね」とか「今日の渋滞は何のせいだろうね」とか、どうでも良いことを話したい。

IMG_3643.JPG

 

うーーん。Nagisha・・・

The following two tabs change content below.
梅野 なぎさ

梅野 なぎさ

’91生まれの25歳。だいたいの方がそうであるような気がしますが、旅と音楽と食べ物が好きです。【Mail】bonin.makani@gmail.com

ABOUTこの記事をかいた人

梅野 なぎさ

’91生まれの25歳。だいたいの方がそうであるような気がしますが、旅と音楽と食べ物が好きです。【Mail】bonin.makani@gmail.com