インドネシアで清掃オンラインサービスが拡大

%e6%b8%85%e6%8e%83

インドネシアの家庭では、中流家庭でも家事労働をメイドさんなどの第3者に行ってもらうことは珍しくない。料金も月1万〜2万円ほどで、日本に比べれば特別高くはない。
しかしジャカルタなどの都心部ではメイドさんを直接雇用するのではなく、清掃サービス会社にオンライン上で依頼するケースも増えてきているそうだ。

オンライン清掃サービスの1つ「tukangbersih」では、床の面積に応じて数十回分の清掃料金を提示している。

seisou

オンラインサービスの普及の背景には、スマートフォンの普及と、いつでも好きなときに頼めて自身で雇用管理しなくてよい利便性があるのだろう。

清掃料金が既存の直接雇用より安く、清掃料金には仲介会社の手数料が含まれているのであれば、雇用されているスタッフの給料体系の水準や運営システムがどのようになっているのかが気になる。

The following two tabs change content below.
梅野 なぎさ

梅野 なぎさ

’91生まれ。2017年よりインドネシアで働いています。 【Mail】bonin.makani@gmail.com